住宅ローンの借り換えを考えるタイミングというのは色々とあります。住宅ローンの借り換えというのはやはりスムーズに行いたいものです。住宅ローンの基礎知識や利用計画、住宅ローンを抑えるポイントなど掲載しています。

住宅ローン借り換え|利用計画と実践的な借り換えの進め方とは

住宅ローン借り換えとは?

1e5a9d230a67107d2b89fb5d52f0bc73_s.jpg住宅ローンでマイホームを購入して毎月の支払いに追われている人は多いと思いますが、30年を超える期間で返済することができるのは魅力である一方、借りる金額が高額になるので毎月の返済額は長期ローンであっても大きいのが一般的で、数万円から場合によっては10万円を超える金額を毎月のように払っています。

元金が高いと金利が少し変わるだけでも毎月の負担はかなり大きなものになってしまいますが、少しでも金利負担を抑えたい場合は住宅ローンを借り換えるというのも方法としてあります。

借り換えローンを利用する上でのメリットとしては金利を直接的に減らすことができるという点になりますが、金利が低くなることによって毎月のローン支払いを減らすことができるため、支払いがマイナスになった分だけ生活の負担を減らすことが可能になります。

住宅ローン借り換えについては銀行や信用金庫で利用することができるようになっていますが、それぞれの金融機関によって設定されている金利は異なっているので、少しでも返済負担を減らしたいのであれば金利が低いところを優先的に選ぶことをおすすめします。

新規でローンを借りる場合と違って借り換えの場合は審査にかかる時間はそこまで長くありませんが、手続きなどがいろいろと必要になるので思ったよりも時間を取られてしまう可能性はあります。

住宅を購入する上でお世話になる住宅ローンですが、一つのローンに固執しないでいろいろ比較してみるとよいでしょう。

 

住宅ローン借り換えのメリットとデメリット


64621259a681e120ce6966341d86d391_s.jpg住宅ローンを利用していて毎月の負担が大きいと感じる場合は借り換えローンの検討をしてみるとよいですが、これは既存の借金を銀行や信用金庫からまとまったお金を借りて一括返済をするというもので、これによって借りていたところの借金は無くなる一方で、新しく借りたところに返済の義務が生じます。

住宅ローンを今より金利の低いところで借り換えると毎月の金利負担はそれだけ小さくなることに繋がってきますが、少し金利が変わるだけでも借りている金額が大きい場合が多いため、かなり金利の支払い負担は軽減される期待があります。

住宅ローンの借り換えにおけるデメリットになるのは手続きが面倒であるという点で、これまで借りていたところで繰り上げ返済をするための手続きをして、さらには新しく借りようとするところで手続きが必要になってきます。

また、借り換えることによって一時的に金利が下がったとしても3年固定金利で利用している場合はすぐに金利の見直し時期になり、金利が変わることによって前に借りていた金融機関の方が低金利になる可能性もあります。

そのため、どちらかというと固定金利でも長い期間で固定する方が借り換えローンの恩恵を受けることができます。

また、ローンを利用する場合はこのローンに限った話しではなく返済しないといけないお金であるということをきちんと認識して借金を返済することができないような状態にならないように気をつける必要があります。
 

 住宅ローン借り換えの落とし穴

dd80cbd1f378d0dcf43f90a54af1ea66_s.jpg住宅ローンは住宅を購入する人のほとんどが利用しているローンだと思いますが、数千万円という資金を持っている人であれば別ですが、それだけの資金を用意することは難しいので金融機関からまとまったお金をローンという形で、数十年というスパンで返済するのが特徴です。

また、それぞれの金融機関によって設定している金利は異なっていて、借りる金額が大きくなってくると少し金利が変わってくるだけで万単位の返済負担が変わってくる場合があるので、できるだけ低金利のローンを組むことができる金融機関に申し込みすることが大切です。

少しでも支払いにおける負担を低減したい場合については借り換えローンを利用する方法がおすすめになりますが、これは今借りている金利よりもさらに低金利のところで借りることができるローンのことで、これによって毎月の返済における負担を直接的に減らすことが可能になります。

住宅ローン借り換えを利用する場合も審査に申し込みをする必要性がありますが、年収や勤続年数などは審査において重要なポイントになり、新規で借りた時よりも厳しくチェックされる可能性もあります。

そのため、住宅ローンを利用することができているからといって必ずしも借り換えをすることができるわけではないのでその点には注意が必要です。

また、居住年数についても審査のチェックポイントとしてはかなり厳しくなっているので条件に合うか確認しておくことが大切です。

 
夢のマイホームを手に入れるためには仕事をして安定した収入をたくさん得ることが必須になってきますが、マイホームを購入するためには数千万円から場合によっては億単位の費用が発生することもあって自分で貯金したお金だけでは不十分なのでローンを利用して購入する形を取る人が多くいます。 住宅ローンを利用することで高額な住宅でも購入することが可能になるわけですが、銀行でも主力のサービスになっているところが多いこともあって大手銀行から地方銀行までさまざまな銀行で利用することができるようになっています。 利用するためには審査を受ける必要がありますが、ローンの審査の基準についてはそれぞれの金融機関によって異なっているため、ある銀行では借りることができてもある銀行になると同じ条件でも借りることができないこともあります。 そのため、インターネットの情報などから調べてその時の自分の収入などから考えて実際に利用できた人の口コミなどを調べるという人も多いと思いますが、数十年というローンを組むのが普通なので、最初は審査で借りることが厳しかったところでも収入が増えたなどの理由から途中で審査にクリアする状態になることもあります。 少しでも金利を下げたいという理由などから住宅ローン借り換えを検討する人もたくさんいますが、住宅ローン借り換えが可能な金融機関は多くあるので毎月の負担を少しでも減らすために検討してみるのもよいかもしれません。 住宅ローン借り換えについては金利の高低だけでなく付加サービスなども考慮して考えるとよいですが、同じ金融機関でもローンタイプや年数によって内容が異なってくるため、事前に何年ローンにするかということやローンタイプについては決めておく必要があります。 また、借り換えをする場合は既存のローンを繰り上げ返済する場合に手数料などの費用がかかってしまうなどの可能性もあるのでその点には注意をする必要もあります。
 永久脱毛